LPO対策でお客様の興味を引きましょう!


ホームページでお客様を集めたい、つまり、集客したいのであれば、強い売り込みをしないよう注意しなければなりません。ある商品を購入してもらう、登録してもらうなどをお願いすると、強要されているように感じてしまい、訪問されなくなるでしょう。ホームページでやるべきことは、お客様が価値を感じ、自然な形で商品を購入する、登録してもらうことが必須となります。だから、集客する際は、理想的な行動をしてもらうために、心理的に誘導するのがベストになります。

心理的に誘導するには、ホームページをLPO対策すると良いでしょう。これによって見やすく、分かりやすくなり、興味を引くホームページに仕上げることができます。LPO対策は、情報を整理整頓し、伝えたいことが何かが一目瞭然の状態になります。これによってコンバージョン率を上げることに繋がり、売上向上を目指すことが可能です。興味を引くことになるので、ホームページに何度も足を運んでもらうようにもなります。これによって固定のファンが付きやすくなり、そのうちの何人かが商品を購入する、登録作業をしてくれます。

LPO対策する場合、少しずつ変化させなければなりません。ホームページを大きく変化させてしまうと、何が良く、何が悪いのかが分からないままになります。これでは効果的にLPO対策することができず、無駄が多くなるので注意しなければなりません。効率的にコンバージョン率を上げることがLPO対策の目的なので、良い変化のみを取り入れるようにしましょう。悪い変化はすぐにリセットし、何がよくなかったのか考察、検証、反省し、それを避けるようにすると良いです。これを繰り返すことで、良いホームページを生み出すことができ、コンバージョン率が高いだけでなく、検索されやすいホームページになるでしょう。

LPO対策するのは、初心者にとってはレベルの高い作業になります。時間も労力もかかってしまうので、なるべくプロにお願いするようにしましょう。つまり、ホームページの専門家に仕事を依頼し、自分の代わりにLPO対策を施したランディングページを制作してもらうと良いです。費用がかかってしまいますが、これによって売上が向上すれば、黒字でホームページを運営できるようになります。しかし、怪しい会社や信頼度の低い会社にお願いしてしまうと、素末はホームページにされる恐れがあるので、実績や口コミを必ずチェックするようにしましょう。

必要なデータを分析して最適なLPO対策


LPOとは、Landing Page Optimizationの略で、主に企業のホームページで、ユーザーが最初に訪問するランディングページを最適化することを指します。企業にとっては、検索などでたどり着いてくれた訪問者を、少しでも多く会員登録に導いたり、資料請求や商品購入などの成果につなげたいものです。その割合が最大となるよう、ランディングページの効果を最も有効にするための対策こそが、LPO対策です。最近では、成果の割合であるCRVことコンバージョンレートを高めるために、サイトの訪問者の流入元や、閲覧履歴などを元にカテゴリー分類して、各カテゴリーごとに最も効果のあるデザインや文言を表示させる手法も出てきています。
検索結果などからホームページを訪れてもらっても、ユーザーが求める情報が提供できないと判断されてしまうと、せっかくの見込み顧客を取り逃がすことになりかねません。さらには、いったん「このホームページには求める情報が少ない」と判断されてしまった場合、そのユーザーが再訪してくれる可能性が一気に低くなってしまいます。
この点からも、LPO対策に優れた実績を持つホームページ製作会社を選ぶことが肝要となってきます。未来の顧客となりうるホームページ訪問者のあらゆるデータを分析して、有効なLPO対策を行い、最も効果的なランディングページを制作してくれる会社への依頼が、インターネット戦略での命運を握ることになります。
ランディングページの効果を最大化させるために重要となるのが、訪問者の特徴を分析するユーザー分析と、AとBの2パターンから、どちらの方がより効果の高い結果が得られるかを実験するABテストの実施です。これらの分析や、テストを自動で行ってデータを蓄積、そのレポートを作ることができるのがLPOツールです。人工知能が備わり、自動でページを最適な表示に変えてくれる最先端のLPOツールもありますが、それらを使いこなして、ランディングページからの利益を最大化することを可能にしてくれる力量を持つホームページ製作会社であることが求められます。
少しでも多くの人がホームページを訪れてくれるようSEO対策や広告を強化して、アクセスするユーザー数自体を増やすことはできても、すぐに離脱されてしまっては費用対効果が改善されません。LPO対策によって、ランディングページでユーザーのニーズを満たし、ユーザーが抱えている問題を解決することが重要となります。関連コンテンツを準備してホームページ全体の中での回遊度合いを高め、ランディングページから関連コンテンツへの導線を整えることで、ユーザーの購買意欲を上昇させてこそ、確実な成果アップにつなげることができます。

LPO対策をほどこすのはどんなウェブサイトか


LPO対策とは、ランディングページ最適化の事を指します。
ランディングページとは、広告やポータルサイトのプロモーションから飛ぶような、1ページ構成のウェブサイトのことです。このページはプロモーションする内容を読者に読ませ、最終的にコンバージョンと呼ばれるものがユーザによって達成されるよう導くページです。コンバージョンとは、新規会員登録や、商品購入、資料請求、サービス申し込みといったことを行うことを指し、ランディングページでは、これを達成するということが主な目的になります。
たとえばカードの申し込みなどについて調べていると、やたらと説明画像の多い、縦長でいくつも「申し込み」といった文言があるボタンを並べた、かつなぜだか「申し込み」等のページへのリンク以外のリンクがやたらと少ないページに出会ったことはないでしょうか。あんな感じです。
このような、特殊な形態のウェブサイトの一つであるランディングページを、その目的、すなわちコンバージョンがなされるように最適化するのが、LPO対策です。
LPO対策は、SEO対策や、通常のWebページをデザインするのとは少し趣が違ってきます。検索を行うユーザをターゲットにするのではなく、広告やプロモーションをクリックして遷移してくるユーザがターゲットになるのもその一因の一つです。つまりはそのようなターゲットに絞り込んで、かつ1ページでコンバージョンまで達成させる、という、それなりに絞り込まれた要素が必要になるのです。
なお、なぜこのような方式がとられるかというと、このターゲットの絞込みにあります。たとえば商品のプロモーション広告で飛んでくるユーザを通常のWebサイトに遷移させる場合、そのようなユーザも含めつつ、様々なユーザに対応できるようにWebサイトを構築する必要があります。そのような広く浅く、という風なページに遷移させるよりは、1ページでターゲットを絞って、目的も絞り込んだページを作ったほうが、なにせ1ページ構成なので、コスト面などを考えてもそれなりに楽であるのです。
さて、このように通常のWebサイト作成とは色々と違ってくるランディングページを外注する場合は、外注先がランディングページの作成・最適化ノウハウを持っているかは確認しておいたほうが無難です。LPO対策は分かりやすさのために画像を多用し、目的一つに辿り着かせるためにリンクを排除するので、そのような特殊なものを構築するノウハウを、通常のWebサイトを作成するのには良い業者であっても、持っているかは不明だからです。

アピールしたい分野を最適化する「LPO対策」


ホームページからの反響を高めるための手法は色々ありますが、今回はLPO対策をテーマにして深く掘り下げていきたいと思います。LPO対策のLPOとは、「Landing Page Optimization」の頭文字になります。日本語で表現するとすればランディングページ最適化のことを指します。ランディングページとは、一枚完結型のウェブページのことで、特定の分野の商品やサービスをアピールしたい時には、有効と言われています。
ランディングページは、特定の分野に関しのある人を対象に特化してして作られたウェブページとなるため、より専門的な情報を提供しやすいことは大きな特徴になります。目的の分野に特化したランディングページを用意することができれば、ランディングページからの離脱率を抑えると同時に、問い合わせなどのコンバーション率を向上させることもできるようになります。
ここで考えてみたいのが「どのようにすれば有効なLPO対策ができるか」についてです。当然ながら、LPO対策の基本は、訪問者が求めているものを、深く理解することになります。訪問者のニーズをしっかりと把握することがスタートになり、そこから仮説を立てます。その仮設にもとづきLPO対策をすすめていきます。実際に、思ったような反響を得ることができない場合には、仮説に問題があると考え、再度仮説の立て直しをします。
ランディングページに盛り込む内容は、基本的に一つのテーマに絞ります。低数のテーマが混在しているランディングページは、訪問者にとって、内容を的確に理解しにくいため、ページのアピールポイントなどが曖昧になる傾向があります。文字情報を最小限に抑え、見た目に理解しやすいデザインを検討することも非常に大切になります。
実際の反響を得るための工夫も大切です。コンバーション率を向上させるために、問い合わせフォームや会員登録、購入ボタンなどをわかりやすく、かつ目立つ配置にすることもポイントになります。
ランディングページを作成する際には、専門の業者に相談してみることをおすすめします。ランディングベージ専門にしている業者もあり、何かと頼りになるのではないでしょうか。業者を選ぶ際には、これまでの実績に関しては最低限確認してください。業者を選ぶ際には、過去の成功事例などを参考にし、自分のところのサービスや商品のアピールに適しているかを見極めることが必要になります。

サイトにLPO対策を施してコンバージョン率を上げよう!


ホームページで集客し、そこでお金を生み出す、あるいは仕事をもらうのであれば、コンバージョン率を上げなければなりません。どれだけたくさんの人がホームページを訪問したとしても、お金が発生しなければ意味がありません。そこで、LPO対策を施し、コンバージョン率を上げ、お金を稼ぎやすい、仕事をもらいやすい状態に仕上げましょう。このとき、各サイトにLPO対策を施し、訪問者にとってより良い状態にしなければなりません。一部だけが良い状態でも意味はないので、全体的に改良することが必須です。

LPO対策することで、コンバージョン率が上がるだけでなく、より人を集められるようになります。これはSEO対策にも繋がるので、集客を意識して取り組むことも大切です。各サイトのLPO対策することで、マルチエントランスが実現し、インターネットで検索されやすくなります。検索される条件が広がり、そこからどんどん人が集まるようになります。入口が多いと集客に繋がり、各サイトがLOP対策されていれば、コンバージョン率をアップします。注意しなければならないことは、各サイトで伝えていることが同じであり、内容にブレが生じていないことです。

内容がブレてしまうと、関係のない人が集まる可能性や興味を失せる人が集まる可能性があります。これでは意味はなく、お金を稼ぐことも仕事をもらうこともできません。マルチエントランスで大切なことは、内容の統一化であり、自分が望む人がしっかり集まってくることです。その人たちの一部がお金を支払うか仕事を依頼するかになるので、内容を見直し、ブレがないことを確認した上でLPO対策しましょう。ホームページ内に存在するサイトの数だけLPO対策しなければならないので、時間と労力がかかってしまいます。それも、効果があるように編集しなければならないので、慎重に作業を進める必要もあります。

やるべきことが多いため、素人にとっては難しい作業になることは必須です。もし避けたいのであれば、ホームページ制作会社に業務委託し、効率的に作業を進めると良いでしょう。自分で取り組まずに済み、プロが代わりに制作してくれるので、より効果的なサイトが完成します。マルチエントランスの効果も大きくなるので、依頼するメリットは大きいでしょう。そのためには、最初にお金を支払う必要があるので、必ず信頼できる会社に依頼することが大切です。勢いで決めるのではなく、今までの実績から判断し、それをもとに決断すると良いでしょう。

お客様を逃さない!LPO対策が大切なワケとは?


LPO対策が近年マーケティングのジャンルで注目されています。国民の殆どがインターネットに繋がっている時代を迎え、元気の無い日本経済の中でも唯一と言っていいほど成長に勢いがあるのがネットショッピング業界です。

今やアイデア次第でどんな人でも資本金がなくてもネットショップに参入できるようになり、どんなショップでもWEBマーケティング対策に取り組んでいる状態です。WEBマーケティングの競争は激化の一途を辿り、料金を支払えば検索リストの上位に名前が載るリスティング広告やSEO対策は、ネットショップを開業した人なら知らない人はいないほど有名になり、今や莫大な資金がかかるようになってきています。

激しいWEBマーケティング競争を勝ち抜いて顧客を自社ホームページに誘導したのに、すぐに帰してしまったのではせっかくの費用が無駄になってしまいます。そこで誘導によって来てもらった顧客に最適なページを用意するLPO対策が重要になっているのです。

LPO対策はランディングページを最適化するための手法で、お客様を飛行機と見なし、その着地点であるサイトのページを有効なものにすることを目指します。顧客がサイトを訪れてすぐに逃げてしまわないようにするために最も大切なことは、ターゲットとする顧客を明確にすることです。近年ペルソナ作成といわれているものが注目されていますが、まさにこれに当たります。売りたい商品やサービスに最も重要で象徴的なユーザー像を明確化することで、その顧客の視点で見ることができ、自社の欠点が明らかになってくるとともに対策を打つことが出来るようになります。

アバウトなターゲティングでは、最適なランディングページを作る事はできません。お客様が検索をかけ閲覧するときはある程度予測を持っていることが多く、この予測との間にギャップを作らないことも重要です。お客様が求めている情報をすぐに得られるような配慮も必要です。ページの最後に欲しい情報があるのでは、スピーディに回答が欲しいお客様のニーズに応えることは出来ません。同じ意味で細かい文字を並べただけのサイトはいただけません。適宜図解や写真を用いて関心を引きやすく分かりやすくする必要があるでしょう。

企業の中には口コミすら作り出すところもありますが、情報があふれた時代にあって、小手先の作り話はすぐに見抜かれてしまうと考えた方が良いでしょう。ウソを乗せることは信頼の失墜に直結する大問題です。まさに自社の玄関ともいえるランディングページでどれだけお客様に信頼感、安心感を持ってもらえるのかが、顧客取り込みの成功を左右するポイントになっているのです。

LPO対策でより良いWEBページを!


インターネットを活用して人を集めたい場合、人が集まってくるホームページを用意しなければなりません。訪問者がそのWEBサイトでメールアドレスなどの登録作業をしてもらい、情報を手に入れることが必須です。『登録してください!』というWEBページでも問題はありませんが、そのページが粗末なもの、そのために存在しているホームページが面白くない、といったマイナス要因が多いことはNGなので注意しなければなりません。それを改善する方法がLPO対策なので、必ず取り入れるべき対策です。

LPO対策とは、ランディングページを最適化することを言い、コンバージョン率を上げるための方法です。ただ見やすく、ただ分かりやすくするだけでなく、訪問した人が思わず『登録したい!』と思わせるテクニックが施されます。LPO対策によって、何を強みにしているのかが分かるようになり、伝えたいことをまっすぐ伝えることができます。つまり、登録するとどんな情報が手に入るのか、何が嬉しいのかが伝わるようになり、登録される可能性が高くなります。

LPO対策する際、コンテンツマーケティングをしっかりさせておかなければなりません。ただ集客することに力を入れることも大切ですが、何を伝えたいのか、登録したらどんな情報が手に入るのかが分かるようにしなければなりません。このとき、どんな情報を求めているのかを考え、それに合わせてコンテンツを決定すると良いでしょう。コンテンツマーケティングする際、自分が提供したいものを優先しても良いですが、需要が高いものをコンテンツとして扱う方が効果が大きく、人が集まりやすいので、調査した上で決めると良いでしょう。コンテンツマーケティングにLPO対策を加えることで、本当に効果のあるWEBページが誕生するので、独人やり方にこだわらないようにしなければなりません。

自分でLPO対策することは基本的に難しく、どういうやり方が良いのか分からないものなので、場合によっては専門に扱う会社に仕事を依頼することがオススメです。どうLPO対策すれば良いか、専門家は熟知しているので、コンバージョン率を上げるためにも良い手段と言えます。ただし、信頼できる会社を探さなければならないので、注意して業務委託しましょう。これは、口コミや実績をチェックし、それによって何が嬉しいのかを知った上でお願いし、その効果を期待すると良いです。技術や成果によって、かかるお金が高くなるので、予算と稼げる額を検討して申し込みましょう。

LPO対策にはデザインが重要


LPO対策とは、ランディングページを最適化することです。ランディングページとは、広告やポータルサイトのプロモーションをクリックした人を遷移させることを主な目的としたページで、基本的に会員登録や商品の購入、サービスの資料請求などといった、コンバージョンと呼ばれる行為にユーザを導くことを目的としています。
そのランディングページを最適化することにより、ユーザを効率よくコンバージョンに導く。これがLPO対策の目的となっています。
その手法としては、外部へのリンクをなるべく排除すること、デザインをコンバージョンへと導きやすくするものへ変更すること、があげられます。
なぜかというと、コンバージョンにいたる確率であるコンバージョン率の向上には、他の種類のWebサイトと同じく、デザインが重要になってくるからです。ただ外部へのリンクを排除するだけでは、タブブラウザの普及した現在ではタブを閉じて別タブに移られて終わりということにもなりかねません。
それを引き止めるLPO対策の中の要素が、デザインです。デザインの力で、ランディングページでプレゼンテーションしたり、お勧めしているものの利点を、どううまく伝えることができたかで、コンバージョン率は違ってきます。
LPO対策の施されたサイトには画像が多かったりするのですが、これもそれが一因となります。つまり、プレゼンテーションのために、グラフなど、ぱっと見てわかりやすいデータを示すようにして、コンバージョンをなした結果ユーザに与えられるサービスがどのようなものかを「読ませる」のです。
さてこのように、デザインはLPO対策には重要なものです。特に外注する場合は、これを頭に入れておいてもいいでしょう。これはランディングページ以外のWebサイトでも同じではあります。しかし、ランディングページの構成、目的は特殊です。つまり、他のWebサイトとは別の基準でデザインを構築せねばなりません。ですから、ランディングページを外注するときは、その外注先がどのようなランディングページを作成した実績を詰んでいるかを確認していたほうが良いでしょう。通常のWebサイト構築の実績があったとしても、そのノウハウがあるかどうかを確認することは重要な事です。
なお自社で作成する場合は、それだけ独特の容量があるぶん、作成ツールも制作されています。どのように作成すればいいかのテクニック集も多くありますから、それを参考にしてもいいでしょう。

LPO対策とは?行うことで得られる効果は大きい


LPOという言葉を知っていますか?インターネット上で英文字が3つ並ぶことで意味を持つ用語は色々ありますが、有名な用語はSEOでしょう。SEOは「Search Engine Optimization」の略語で、意味を日本語で訳すると「検索エンジンの最適化」です。では、LPOとは何なのか。言葉としては「Landing Page Optimization」の略語で、意味は「ランディングページの最適化」です。

ライティングページというのは略してLPとも表記されますが、「検索結果や広告をクリックすることで表示される一枚完結型Webページ」のことです。Web広告の中では顔となる広告で、他のページへ渡ることなくスクロールするだけで商品に関してPRしたいことを一つのページで全てPRすることができます。

PRしたいことは、例えば、特徴・価格・口コミ・観念・売上実績などです。気になる商品があった時に、特徴・価格・口コミなど購入する前に目を通しておきたい情報が何ページにも分かれていたら、目を通すことがめんどくさいと感じませんか?一つのページで全ての情報に目を通すことができると、潜在顧客に対してPRできる可能性が上がります。

ライディングには「着地」の意味があり、LPというのは要するに「興味を持った商品ページに着地」=「品を見に来たお客様」という感じになります。品を見に来たお客様が商品購入に移行する際に重視するのは、今目の前にある情報です。

LPO対策はLPを最適化することなので、品を見に来たお客様が最初に訪れることになるページを最適化することを行います。お客様が最初に訪れたページでどのくらい商品についてをアピールすることができるのか、ここで購入してもらえるかしてもらえないのかが左右されます。

ターゲット(潜在顧客)が興味を持った段階では、ターゲットは商品についてを知りたがっています。興味から購入へ移行するためには、ターゲットが求めている商品情報を提供する必要があるのです。LPで伝えたいPR内容を全て記載することで、ターゲットはどのような商品なのかを理解し、ニーズに適している場合は購入してくれることでしょう。

興味を持った段階で、ターゲットはその商品にニーズがあることを期待しています。LPでニーズにあったPRとなっていれば、購入意欲を高める効果が期待できます。LPO対策をして成約率向上効果を得たい時は、LPに記載されている情報とターゲットが期待する情報の差を改善することです。

ターゲットが期待している情報を提供する方向で改善を進めていくと、LPから離脱してしまう率を下げることにつながります。成約率およびコンバージョン率を上げるためには、LPO対策は欠かせません。他会社に依頼してLPやサイトを製作してもらう時には、成約率のことを考えるとSEOだけでなくLPO対策も行ってくれるところが好ましいです。

キャッチコピーが重要だった?LPO対策で忘れがちなこと


WEBマーケティングの中でもLPO対策の重要性に注目が集まっています。どんなに広告にコストをかけても誘導した先のランディングページに問題があれば、ユーザーはすぐに離脱してしまうからです。最初のページでの離脱率は半数を超えると言うデータもあり、LPO対策はコンバージョン率UPに不可欠と言う事が出来るでしょう。

LPO対策には多くの手法が開発されていますが、忘れがちなのがキャッチコピーの重要性です。魅力的なランディングページには、魅力的なキャッチコピーが溢れているものなのです。コピーの見直しをしただけでコンバージョン率がアップしたという例もあります。

キャッチコピーを作る際に重要なのは、まずはターゲットを明確にすることです。WEBマーケティングそのものにとっても、ターゲットの明確化は不可欠とされています。そんな中で近年取り上げられているのがペルソナ作成です。自社の商品やサービスにとって重要な位置づけを持つ象徴的なユーザーを具体的にイメージするものです。ペルソナを作る事で自社商品やサービスについて必要なものは何かがよりクリアとなり、第3者視点で判断が出来るようになります。

ターゲットを明確にしないまま、目的意識や興味、属性が違うユーザーに対し、画一的なアピールをしても効率の悪さを生むだけです。

キャッチコピーを作るコツやテクニックは数多く開発されています。そのテクニックを使う前に、ユーザーがどんな考えに基づき、どんな行動をとるかを把握しておく必要があります。多くの場合ユーザーは、新たな利益を得るよりも現在の状態から損失が出ることを回避しようと行動する傾向があり、プロスペクト理論とよばれています。これを知っていれば、商品やサービスのメリットを並べるよりも、それを利用しない場合に起こるデメリットとベネフィットを提示すべきと言うことに気付けます。

またユーザーは具体的な数字の裏付けに納得しやすい事や、「無料であること」に非常に魅力を感じることも分かっています。こうした知識の蓄積をペースに魅力的なキャッチコピーを作り、ユーザーが商品やサービスに興味を持ってもらうことが大切です。

サイトに訪れるユーザーは非常に気が短く、欲しい情報がすぐに得られない場合や、次のページに行く方法が見当たらない場合、ごちゃごちゃしていて、そもそもどこを見ればいいのか分からない場合などは、一瞬で離脱してしまいます。似たような商品やサービスは他にも多数あると考えられるため、他で用を足せればいいからです。

折角サイトに誘導したのに、すぐに離脱されては広告のコストが無駄になってしまいます。一瞬で魅力を伝え、ユーザーを繋ぎ止めるキャッチコピーは非常に重要です。