LPO対策とは?行うことで得られる効果は大きい


LPOという言葉を知っていますか?インターネット上で英文字が3つ並ぶことで意味を持つ用語は色々ありますが、有名な用語はSEOでしょう。SEOは「Search Engine Optimization」の略語で、意味を日本語で訳すると「検索エンジンの最適化」です。では、LPOとは何なのか。言葉としては「Landing Page Optimization」の略語で、意味は「ランディングページの最適化」です。

ライティングページというのは略してLPとも表記されますが、「検索結果や広告をクリックすることで表示される一枚完結型Webページ」のことです。Web広告の中では顔となる広告で、他のページへ渡ることなくスクロールするだけで商品に関してPRしたいことを一つのページで全てPRすることができます。

PRしたいことは、例えば、特徴・価格・口コミ・観念・売上実績などです。気になる商品があった時に、特徴・価格・口コミなど購入する前に目を通しておきたい情報が何ページにも分かれていたら、目を通すことがめんどくさいと感じませんか?一つのページで全ての情報に目を通すことができると、潜在顧客に対してPRできる可能性が上がります。

ライディングには「着地」の意味があり、LPというのは要するに「興味を持った商品ページに着地」=「品を見に来たお客様」という感じになります。品を見に来たお客様が商品購入に移行する際に重視するのは、今目の前にある情報です。

LPO対策はLPを最適化することなので、品を見に来たお客様が最初に訪れることになるページを最適化することを行います。お客様が最初に訪れたページでどのくらい商品についてをアピールすることができるのか、ここで購入してもらえるかしてもらえないのかが左右されます。

ターゲット(潜在顧客)が興味を持った段階では、ターゲットは商品についてを知りたがっています。興味から購入へ移行するためには、ターゲットが求めている商品情報を提供する必要があるのです。LPで伝えたいPR内容を全て記載することで、ターゲットはどのような商品なのかを理解し、ニーズに適している場合は購入してくれることでしょう。

興味を持った段階で、ターゲットはその商品にニーズがあることを期待しています。LPでニーズにあったPRとなっていれば、購入意欲を高める効果が期待できます。LPO対策をして成約率向上効果を得たい時は、LPに記載されている情報とターゲットが期待する情報の差を改善することです。

ターゲットが期待している情報を提供する方向で改善を進めていくと、LPから離脱してしまう率を下げることにつながります。成約率およびコンバージョン率を上げるためには、LPO対策は欠かせません。他会社に依頼してLPやサイトを製作してもらう時には、成約率のことを考えるとSEOだけでなくLPO対策も行ってくれるところが好ましいです。

コメントを残す